糖尿病を治す!運動や厳しいカロリー制限をしないで血糖値を下げる食事療法を紹介します。

糖尿病を治す常識破りの食事療法!!TOP > 糖尿病ってどんな病気?. > 糖代謝とインスリンの動き.

糖代謝とインスリンの動きについて

 

糖代謝とインスリンの動き

ブドウ糖は肝臓や筋肉や脂肪組織に貯蔵され、エネルギー源に



糖の正常な流れをみると、食事によって体内に摂取された糖質は小腸で分解されてブドウ糖となり、吸収されます。

ブドウ糖は私たちの活動のためのエネルギー源として利用されますが、

すぐに利用されるものを除いては血液中に溶け込んで(血糖となって)、

肝臓や筋肉や脂肪組織に運ばれ、そこで貯蔵されます。

そして、ブドウ糖が不足したときに再び取り出されてエネルギー源として利用されます。


糖の代謝に深く関与しているのが、膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリン



このように糖質がエネルギーになるプロセス糖代謝といいますが、

その鍵を握っているのが膵臓から分泌されるインスリンです。

インスリンは細胞側にあるインスリン受容体と結びつくことで、

ブドウ糖を肝臓や筋肉や脂肪組織に取り込ませるように働くのです。

糖尿病とは、この糖代謝のプロセスやシステムが

正常に作動しないために起こってくる病気
といえます。



 

糖尿病とは、どんな病気?記事一覧

糖尿病のメカニズム

糖尿病のメカニズム.:藤城式食事療法!!ホルモンの調節作用により、血糖値はほぼ一定に保たれている通常、私たちの血液中には70〜110mg/dL程度のブドウ糖が存...

日本人に多い2型糖尿病

2型糖尿病は遺伝的素因に過食や肥満が加わって発症膵臓(すいぞう)からのインスリンの基礎分泌と追加分泌によって血糖値は正常に保たれている 糖尿病は、インスリンがほとん...

糖代謝とインスリンの動き

糖代謝とインスリンの動きブドウ糖は肝臓や筋肉や脂肪組織に貯蔵され、エネルギー源に糖の正常な流れをみると、食事によって体内に摂取された糖質は小腸で分解されてブドウ糖と...


糖尿病を治す!運動や厳しいカロリー制限をしないで血糖値を下げる食事療法を紹介します。