糖尿病を治す!運動や厳しいカロリー制限をしないで血糖値を下げる食事療法を紹介します。

糖尿病を治す常識破りの食事療法!!TOP > 病院の糖尿病治療の現状 > 糖尿病の専門医の数が圧倒的に不足

糖尿病の専門医の数が圧倒的に不足について

 

病院の糖尿病治療の現状

日本では糖尿病の専門医の数が圧倒的に不足

「そんなに効果のある方法なら、医者が教えてくれるだろう」

と思われるかもしれませんが、残念ながらそれは間違いです。

恐らくあなたの担当医はこの方法を教えくれないと思います。

その理由のひとつは日本では糖尿病の専門医の数が圧倒的に不足しているからです。

糖尿病患者と予備軍の数は、平成18年で1870万人にも上ると言われています。

それに比べて、糖尿病の医師はなんと、たったの3,476人。

医師一人あたりの患者数に換算すると5380人にもなります。

つまり、たった一人の医師が5000人以上の患者を診なければ
いけないのです。

そんなことはどう考えても不可能ですよね?

では現在はどういう医師が糖尿病患者の診察をしているかというと、

糖尿病を専門としない、一般の内科医などです。

つまり、あなたが普段診てもらっている医師は、

糖尿病に関しては専門外である可能性が非常に高い
のです。

この事実をご存知でしたか?

「でも医者なんだから糖尿病の栄養学ぐらい勉強しているのでは?」

と思われるかもしれませんが、残念ながらそれも間違いです。

既にアメリカの約130ある医学部では、30時間の栄養学が必須科目となっています。

では日本の医学部では、どれくらい栄養学を学んでいると思いますか?

その答えは、なんと0時間なのです。

実は日本では、カリキュラムに「栄養学」が無いのが普通なのです。

これだけ生活習慣病が多発して、病気と食事の関連が常識となりつつあるのに、

栄養学を全く学んでいない医者がとても多いのです

残念ながら、日本の栄養学はこんなにも遅れているのです。

ですから、そのような専門外の医師たちが

「食事と運動に気をつけて薬を飲んでくださいね」とお決まりのフレーズを言って、

いつまで経っても治らない治療をしているのです。

悲しいことですが、これが糖尿病治療の現状なのです。


それに対し、今回紹介する糖尿病が治る常識破りの食事療!!
を開発された藤城先生は30年間にわたり、糖尿病をはじめとする

生活習慣病やガンと食事の関係について研究と活動を行なわれてきました。

現在では400人規模の食養フォーラムをはじめ全国各地でセミナーや合宿を年間50回以上開き、

現役の医師までもが先生の元へ学びに来ることがあるそうです。
そんな藤城先生が開発した糖尿病を治す常識破りの食事療法!!
の詳細はこちら。

 
 

病院の糖尿病治療の現状記事一覧

糖尿病の専門医の数が圧倒的に不足

病院の糖尿病治療の現状日本では糖尿病の専門医の数が圧倒的に不足「そんなに効果のある方法なら、医者が教えてくれるだろう」と思われるかもしれませんが、残念ながらそれ...

本当のことを教えない医者や製薬会社

薬も注射も通院も不要の常識破りの食事療法本気で糖尿病を治療すると医者や製薬会社は儲からない「そんなに効果のある方法なら、医者が教えてくれるだろう」と思われる...

糖尿病治療の医療費はいくら?

薬も注射も通院も不要の食事療法下の図は、朝日新聞(2004年12月4日)が「健診義務化で医療費は減る?」で取り上げていた記事中のから引用したものです。生活習...


糖尿病を治す!運動や厳しいカロリー制限をしないで血糖値を下げる食事療法を紹介します。